失敗しない腰痛マットレス

 

起床時の腰痛に悩まされている人達はマットレスが原因となってる人が多いです。

 

布団次第でからだの中で重たい腰周りや地面と接する首や肩に負荷がかかるので、寝起きに痛みを感じることがあります。
しかし、腰痛マットレスは高反発や体圧分散などの機能性を考えられており、一般の敷布団と比較をすると高いです。

 

そういった機能性を持っているのでも、腰痛マットレスは種類が限られており、価格で少し高めだけを確認して購入をすると、逆に起床後の腰痛が酷いとなりかねません。

 

  • 起床後の腰痛が酷い!
  • 腰痛に良いマットレスを知りたい!
  • 低反発と高反発ならどちらが腰に優しい!

 

起床後の腰痛に悩まされている人達が初めてマットレスを使う時の選び方を紹介しています。

 

この記事で腰痛に良いマットレスはどんなのを使えば良いのか怪しい情報や口コミに騙されずにあなた自身が判断できるようになります。
低反発から高反発など様々なマットレスがありますが、本当にあなたが必要なのはどんな機能が備わってるのかが分かります。

 

腰痛マットレスランキング

 

もともと私も腰痛に悩まされており、マットレスを使った経験のある一人です。

 

どんな機能性のを選ぶなどの知識は良いから、どれを使えば良いのかを知りたいって人は、おすすめ腰痛マットレスランキングを参考にしていただければと思います。
必要となる機能性を考えて作られており、口コミでも評判が良いのに厳選をしています。

 

どれを使えば良いか迷ってしまうって人は「雲のやすらぎ」が一択でおすすめです。

 

雲のやすらぎ

雲のやすらぎ

 

腰痛マットレスといえば紹介されることが多く、人気があるのが「雲のやすらぎプレミアム」です。
日経流通新聞をはじめ朝日新聞や数々のメディアでも取り上げられています。

 

高反発マットレスは腰への負担は軽いものの、寝心地は悪いこと感じることが多いです。
しかし、雲のやすらぎは寝心地も良いと評判が良いのが特徴です。

 

厚さ17cmの5層構造になっており高品質羊毛を使用をしているのが、関係をしているのではないかと思います。
新クロスクラウド製品による体圧分散となっており、高反発ウレタンを使用しています。

 

雲のやすらぎの特徴

  • 厚さ17cm
  • 高反発
  • 新クロスクラウド製法の体圧分散
  • 通気性・へたりにくさ
  • 100日間の返金保証

 

口コミでもからだが沈まず、朝起きてスッと立ち上がれるようになったと評判が良いです。

 

雲の安らぎは日本製となっており、公式のwebサイトからの利用で100日間の返金保証もあるので、初めて高反発の腰痛マットレスを使う人に特におすすめすることができます。

 

雲のやすらぎ口コミ

 

雲のやすらぎを実際に使用した人の口コミをいくつか紹介します。

 

何万人もフォロワーがいるようなインフルエンサーのような、怪しい口コミを省き実際に使用をしているのが分かるのを厳選しています。

 

 

 

雲のやすらぎは腰痛に悩まされている人が満足している口コミが多いです。
ただ、それだけでなく寝心地を求めて使用をしている人もいるみたいです。

 

モットン

もっとん

 

元プロスポーツ選手の山本昌さんも愛用をしているのが「もっとん」です。

 

累計販売本数は10万本を突破しており、腰痛でマットレスを探した人なら聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?
最大の特徴としては硬さを選ぶことができる点です。

 

マットレスの硬さはニュートン(N)と呼ばれる数値を用いられますが、100N・140N・170Nと3種類から選ぶことができるようになっています。
体重によって硬さの目安はあるものの、一概にはいえず実際には使ってみないと分からなかったりします。

 

そのため、送料負担などの条件はあるものの使用してから、交換をすることができるサービスも行われています。

 

もっとんの特徴

  • 1日限定100名に返金保証付き
  • 硬さを3種類から選べる
  • 高反発マットレス
  • 耐久性

 

モットンの口コミ

 

 

 

腰痛マットレスの選び方

 

腰痛マットレスの選び方としては下記の4点を確認するようにしてください。

 

  • 高反発
  • 体圧分散
  • へたりにくい
  • 通気性・防ダニ・防菌・防臭

 

たとえ高反発であっても体圧分散がしっかりできていなければなりません。
また、使いこんでいく内でのへたりや間違えて低反発を選ぶことで、逆に寝起きの腰痛に悩まされることもあります。

 

高反発で体圧分散も考えているマットレスだと、高級寝具と一般的な布団の間ぐらいの価格となります。

 

一般的な敷布団であれば買い替えれば良いですが、腰痛マットレスは安いので4万円ぐらいからです。そのため、長く使えることができるように、機能性だけでなく耐久性を考慮して選ぶようにしましょう。

引用先:腰痛マットレスの選び方やおすすめを比較!腰痛マットレスの天使

 

上記の引用先は腰痛に良いマットレスの選び方だけでなく、人気のを比較表にしているサイトですが、どれを使うか選ぶ時は参考にしてみるといいでしょう。

 

安いのであれば失敗をしても買い替えをすれば良いだけです。
しかし、スプリングが中に入っており廃棄にも費用がかかりますし、もともとの価格は数万円するので、せっかく購入したのに失敗しない為に、ひとつづつの項目を詳しく解説していきます。

 

高反発のマットレスが起床後の腰痛に悩み人向け

 

機能性の敷布団は高反発と低反発の2つに分けられます。
起床後の腰痛の人が選ぶのは高反発のマットレスです。

 

低反発だとからだが沈みこむのでつつまれて寝心地は良いですが、重たいお尻から腰の部分たら沈んでしまいます。
そのため、負荷がかかってしまい起床後に腰が痛いとなりやすいです。

 

一方で高反発のマットレスであれば、体全体を持ち上げてくれるように働きます。
腰への負担が少なくて済むのですね。

 

但し、一概に高反発であれば良いなんてことはなく、体圧分散ができているかも重要となります。

 

腰痛に良いマットレスの体圧分散とは

 

高反発マットレスで大切となるのが体圧分散です。

 

からだが沈むと腰に負荷がかかるのであれば、硬いい敷布団や寝具を敷かなければ済むことです。
しかし、実際は固い布団などに寝ると腰が痛いと感じてしまうことがあります

 

機能性のある高反発マットレスの多くは体圧分散ができるようになっています。

 

硬い敷布団に寝ればお尻・背中・足とマットレスと接してる部分への負荷が強くなります。
体圧分散をすることで全身へ負荷がかかるようにすることができます。

 

そのため、起床時に腰痛に悩まされてる人は体圧分散が必要となるのですね。
高反発であり体圧分散ができる構造になっていることが大切です。

 

へたれたマットレスは腰に悪い

 

腰痛に悩まされる人のマットレス選びで重要となるのがへたりにくい点です。

 

へたってくると仰向け時に体重がかかる、腰の辺りからだんだんと沈んでくるようになります。
そのため、寝てるときの姿勢が腰によくない状態となってしまいます。

 

どんなマットレスも永遠に使い続けることはできなく、いくつかは必ずへたってくるようになります。
毎日、何十キロもの体重を支えているので、新品の状態を保つことはできないのですね。

 

各公式ページなどには、販売前に繰り返し検査をして、そのデーターを公開されていたりするのも多いです。
理論的や怪しい口コミではなく、きちんと検証をしてデータも公表ができているか確認をしておくようにしましょう。

 

何も検査をしていなかったり、悪いデータで公表できないなどの可能性もあるので、最低限は明記されている寝具から選ぶのをおすすめします。

 

マットレスに通気性・防ダニ・防菌はかかせない

 

布団と比べて機能性のマットレスで気お付けるのが衛生面の問題です。

 

安いのであれば汚くなれば買い替えることもできますが、機能性があるのはそう簡単に新品を使うのは難しいです。
そのため、下記の3点がしっかりと施されているのを選ぶようにしましょう。

 

  • 通気性
  • 防ダニ
  • 防菌

 

長く使っていくためにはこれらの衛生面を考えて作られているのを使うようにしましょう。

 

人は寝ている間に大量の汗をかくので、通気性が良くなければいくら抗菌処理がされていようと、ダニなどの問題に悩まされることになります。

 

腰痛の人におすすめの安いマットレス

 

腰痛の人やスポーツ選手も使ったりする、機能性のマットレスは安いので4万円から高いので10万円以上するのまであります。

 

一般的な敷布団と違い体圧分散や厚さなどがしっかりとしているので、初めて使うか悩む人は驚くことも多いです。

 

特に安くておすすめのマットレスとしては「雲のやすらぎ」です。

 

  • シングルサイズ 39,800円
  • セミダブルサイズ 49,800円
  • ダブルサイズ 59,800円

 

公式ショップのキャンペーンを利用すれば、機能性のあるマットレスの中でも価格が安い、上記の価格で販売がされています。

 

雲のやすらぎは起床時の腰痛に悩まされている人達に人気があり、口コミでの評判も良いです。
また、返金保証があるので初めて使う人でも安心して利用ができるはずです。

 

日頃の生活で腰への負担を抑えるのも心掛ける

 

起床時の腰痛はマットレスが原因となることもあります。

 

睡眠時間が約7時間と3分の1をしめるように、起きている時間は更に多くなります。

 

そのため、高反発のマットレスに替えるだけではなく、日常生活や仕事の上でもできるだけ腰に負担をかからないように行動することが、より快適な生活を送ることができるようになります。

 

起きている時間にかかった腰への負担を、腰痛に良いマットレスに変えて、からだを休める時間にする。
そして、起きている時間への負荷も和らげることで、より快適な生活を送り出すことが可能となります。

 

腰痛対策に関しては厚生労働省のwebページで見れる「腰痛対策(PDF)」などで信頼性のある情報が掲載されています。

 

初めての腰痛に良いマットレスや敷布団

 

起床後の腰痛に悩まされる人だけでなく、初めて高反発のマットレスを使う人はいくつか知っておいた方が良い点があります。

 

知らずに使うと今までに経験がない人は初めて寝た時に失敗だったと思うはずです。
敷布団の寝心地は「ふかふか」であった方が気持ちが良いと考える人が大半です。

 

しかし、高反発だとからだが包みこまれたりすることはありません。
そのため、慣れない内は寝づらいと感じる人がほとんどです。

 

私自身も旅行でホテルなどに泊まるとベッドがふかふかで、寝る前は寝やすいと感じたりします。
それは低反発であるのが関係をしていますが、しかし、腰痛持ちの私は朝に痛みを感じてしまいます。

 

敷布団はふかふかが良いと小さい頃から植え付けられているのも関係してるのだと思いますが、実際はからだに合っていないのでからだに痛みを感じるのですね。

 

高反発マットレスに慣れるまでに1週間はしっくりこない

 

人によってしっくりくる期間は異なってきます。
ただ、ほとんどの人は初めて高反発マットレスを使い始めると慣れるまでには1週間はかかります。

 

私も初めて使った時は高いマットレスだったのに失敗したと思いました。
しかし、そのまま寝続けることが必要なのですね。

 

もともと旅行先で布団が変わると寝れないって人も多いです。
それはいつもの慣れであったりで、からだがリラックスする状態の準備ができていないのが関係をしています。

 

最低でも1週間ぐらいは高反発マットレスは慣れるまでしっくりこないと覚えておきましょう。

 

洗えないのでマットレスパッドやシーツを敷く

 

高反発のマットレスは普通の敷布団と違い洗ったり干したりするのが難しいです。

 

反発させるためにスプリングなどが入ってるのも多く、そのため、折りたたんだりするのが難しいです。
物干し竿にかけて干したりするのも困難になりやすいのですね。

 

そのため、必ずマットレスパッドやシーツを敷くようにした方が良いです。

 

人は寝ている間に大量の汗をかきます。
寝具は毎日ずっと使い続けて、特に機能性のある高反発のマットレスだと10年使ったりもします。

 

衛生面だけでなく劣化を防ぐ意味でもマットレスパッドやシーツを敷くようにしましょう。

 

硬さでマットレスを選ぶのは間違え

 

腰痛の人で高反発マットレスを初めて使おうと調べた時に気になるのが価格が高い点です。
そのため、なんとか安いのをと結局は硬さのあるマットレスを選べばいいと勘違いをしてしまうことです。

 

確かに高反発の部分だけしか知らないと、古い布団や硬いのと違わないと感じてしまいます。
しかし、実際は寝て見ると逆に寝起きの痛みを感じたり、足や方付近がつらいとなるはずです。

 

腰痛の人が使っている高反発マットレスは体圧分散をする設計になっているので、硬ければ良い訳ではないのですね。

 

高反発マットレスは硬いから腰痛の人が選んでいるのではなく、体圧分散ができるようになっており、また厚みのある敷布団が多いです。

 

マットレスの種類

 

ここからはよりマットレスに関する知識を深める内容を紹介していきます。
詳しく理解をすることで、怪しい口コミなどに迷わされずに、必要な機能の備わったのを選ぶことができるようになります。

 

また、なぜ「もっとん」や「雲のやすらぎ」などが起床後の腰痛に悩まされている人に、評判が良いのかも分かるはずです。

 

機能性を考えたマットレスは主に下記の4つに分けられます。

 

  • 高反発マットレス
  • 低反発マットレス
  • コイルマットレス
  • ノンコイルマットレス

 

反発具合とコイルがあるのかないのかにより合計で4種類あります。
特に腰痛持ちの人が気にするのが反発具合の部分です。

 

低反発マットレスのメリット

 

低反発マットレスのメリットとしては下記の2つです。

 

  1. 寝心地が良い
  2. 寝返りの回数を抑える効果

 

からだが包みこまれるので寝心地は良く、安心をすることもでき、リラックスして眠りに付くことができるはずです。
また、寝返りを抑える効果があります。

 

敷布団に沈んで包まれるので、寝返りがしづらくあります。
そのため、自然と低反発のマットレスだと寝返りの回数が少なくなることが多いです。

 

低反発マットレスのデメリット

 

起床後の腰痛に悩まされている人が選ばない方が良いのが低反発のマットレスです。
低反発マットレスのデメリットは沈みこみにあります。

 

からだが沈み込み敷布団に包み込まれるような感じで寝ることができます。
そのため、寝心地に関してはとても良く感じるはずです。

 

日頃は布団で寝ている人がたまに旅行でホテルに泊まると、寝具が弾力がありやっぱり違うなと感じるはずです。
ただ、寝転がると重たいお尻の部分が深く沈んでしまうので、腰を痛める原因となってしまいます。

 

特に体重の重たい人ほどからだは沈んでいきます。
腰回りの付近が寝た状態だと一番重くなるので、V字に寝てるような状態になります。

 

そのため、起床時に腰が痛いと感じてしまう原因となります。

 

高反発マットレスのメリット

 

高反発マットレスのメリットは下記の3点です。

 

  1. 腰痛対策に有効
  2. 寝返りがしやすい
  3. 通気性が良い

 

腰回りが沈みこまないように高反発で体圧分散をしているので、起床時の腰痛に悩む人におすすめすることができます。
また、反発をして平な状態で寝れるので、寝返りがしやすい点にあります。

 

低反発に比べて内部が圧縮されないので、通気性が良いのがメリットになります。
高反発マットレス通気性も良いので衛生面を考えても、腰痛に悩む人に使いやすいです。

 

高級寝具を求めている人なら買い替えもしやすいですが、起床時の腰痛のに悩まされてる人だと衛生面的に長く使えるように、通気性も良いので最適なのですね。

 

高反発マットレスのデメリット

 

高反発のマットレスは沈まずにからだが平らな状態で寝られるようになっています。
そのため、デメリットとしては下記の2点があります。

 

  1. 寝心地が悪い
  2. 慣れるまでに数週間必要

 

敷布団に包まれるとふかふかして気持ちい良いと感じやすいですが、高反発のマットレスだと悪いと感じることもあります。
また、慣れるまでには1週間から人によってはもう少しの期間が必要となります。

 

初めて高反発マットレスを使う人だと最初は失敗したなと思うかも知れません。
そういった寝心地の面でも「雲のやすらぎ」は評判が良いです。

 

より詳しく知りたい人は「高反発マットレスの選び方や比較!肩凝りや腰痛に人気の高反発マットレス」をご覧ください。

 

高反発と低反発のマットレスや敷布団の違い

 

マットレスや敷布団で高反発と低反発の違いは寝ている時の姿勢です。

 

自然と立った状態のキレイな姿勢で寝れるのが高反発です。
からだの重たい腰回りが沈みこむのが低反発です。

 

からだの負荷を考えれば高反発は低反発と違い、腰や肩にかかる負荷を抑えてくれます。
また、沈み込みがないので寝返りがしやすい点があります。

 

ただ、体圧分散や反発具合では硬いと感じたり、最初は寝心地が悪かったりします。
ホテルなどでは低反発の敷布団を見かけることが多いです。

 

高反発と違い低反発は沈み込む分、からだが包み込まれるようになり、寝心地は良く感じやすいです。
ただ、問題となるのが特定の部位への負荷となるので、起床時の腰痛や肩凝りや寝返りが打てない人は高反発を選ぶようにしましょう。

 

 

トップへ戻る