あなたにあった高反発マットレスの選び方

 

からだが自然な姿勢で眠ることができるので評判が良いのが「高反発マットレス」です。
特に寝返りができない人をはじめ、腰痛や肩凝りや背中の痛みに悩まされている人に人気があります。

 

しかし、高反発マットレスと言っても体圧分散や厚みなどの機能面から三つ折りや折り畳み式などの形式からシングルやダブルなど様々なのがあります。
そのため、高反発マットレスを購入しようと思っても、選び方が分からない人もいれば、口コミで人気があるのを利用したいって人まで様々です。

 

この記事ではあなたにあった「高反発マットレス」が選ぶことができるようになります。
怪しい口コミなどに騙されずにどんな機能が必要なのかや、本当に必要な敷布団が何なのかがあなた自身で選ぶことができるようになっています。

 

あなたが起きた時の腰痛や肩こりに悩まされていたり、人気の敷布団を知りたいのであれば、参考になること請負です。

 

そもそも高反発マットレスとは?

 

高反発マットレスとは敷布団が跳ね返す力が強いものです。

 

硬いマットレスと勘違いをされることもありますが、全く違うものとなります。
布団を敷かずにフローリングなどの床で寝れば、からだの接するお尻と肩への負荷がかかり痛めてしまったりします。

 

そのため、硬い布団や何もしかないで寝るのとは寝心地やからだへの負荷は変わってきます。

 

ホテルにも使われることの多い、低反発の敷布団だとからだが沈み込むので、寝心地は良いように感じはします。
しかし、高反発が姿勢が自然なからだのラインになるのに比べ、低反発は重たいお尻の部分から腰付近にかけて沈みこんでしまいます。

 

また、沈み込みがなければ寝返りが打ちやすくもなり、自然と回数が増えたりもします。
そのため、寝ている時のからだへの負荷を特定の部分だけでなく、分散をしやすい特徴があります。

 

高反発マットレスに変えると良い人の特徴

 

下記に当てはまる人は高反発マットレスに変えることで、快適な睡眠が遅れる可能性があります。

 

  • 起きた時の腰痛に悩まされる
  • 肩こりがひどい
  • 背中
  • 寝返りができない
  • 体重が重たい人
  • 熟睡できない

 

高反発の敷布団の特徴はからだを立っている時と同じように、直立に出来る点です。

 

沈み込みを抑えることで、お尻から肩付近の重たい部分が沈みむのを防いでくれます。
体圧分散がしっかりとできているのであれば、特定の部位への負荷を抑えて、リラックスして眠ることができるのですね。

 

一方で初めて使うと慣れるまでは硬くて眠れないと感じたり、寝返りが多い人だと回数が増えてしまうことがあります。

 

高反発マットレスは特に腰痛に悩む人に人気

 

高反発マットレスは起床時の腰痛・肩こり・背中の痛みなどに悩まされている人に人気があります。

 

高反発の敷布団は高いのから安いのまで様々なのがありますが、こういった人は厚みや機能性の面から、4万円ぐらいのを使い始めることが多いです。
ただ、熟睡ができないって人や布団の買い替えのタイミングで、高反発を使ってみようって人であれば、5千円もあれば購入できる安いのを利用したりもしています。

 

腰痛に悩む人が機能性を考えて作られているのを利用する理由としては、厚みや体圧分散やコイルなどが関係をしています。
また、へたりにくさ・通気性・防ダニ・防菌などが施されているのも多いです。

 

そのため、からだや悩みに合っている高反発マットレスに変えることで、10年のように長く使い続けたりもするので、高いように見えてコスパが非常に良い点があげられます。

 

寝心地を求めてなら慣れてきたりもするので安いので使い続けますが、腰痛などに悩まされてる人だと、からだに合わなければ買い替えなどで逆にコスパが悪くなることもあります。
起きた時に立ち上がれなかったり、からだに不調を感じるのであれば、最初からからだに合った高反発マットレスを使い始めると良いでしょう。

 

高反発マットレスの選び方

 

高反発マットレスは種類も様々なのがあります。
得に気にするべき点としては2点あります。

 

  • 厚さ・硬さ
  • 体圧分散

 

沈みこまずに適切な姿勢で寝る為には厚さや硬さは重要な点となってきます。
ただ反発が強ければ良いという訳ではなく、自然な姿勢で寝られる敷布団を選ぶことが大切となります。

 

腰痛の人であれば「失敗しない起床後の腰痛のマットレスの選び方」の記事でより詳しく解説をしているのでご覧ください。

 

高反発マットレスの厚さ

 

高反発マットレスと言っても厚さは4cmほどのから20cmほどのまで様々な種類があります。

 

反発が強くても完全に沈みこんだりをする訳ではありません。
そのため、体重の重たい人だと厚さが薄ければ沈みこんでしまい、関節的に地面に接しているようなものです。

 

また、この後紹介をする体圧分散ができていないことにもなりかねません。

 

体重などにもよって異なってはくるものの、10cm以上の厚さのあるのを利用するようにしましょう。
結局の所はからだに合っているかですが、寝心地やお店でちょっと試した程度では分からなかったりします。

 

そのため、厚さは10cm以上のを利用するのを目安に選ぶのをおすすめします。

 

体圧分散ができてなければ硬いマットレス

 

高反発マットレスで大事となるのが体圧分散ができているかです。

 

いくら反発が強く立っているのと同じ自然の姿勢を維持できても、硬いだけであればお尻から肩への負荷が高く、腰痛や肩こりなどに悩まされてしまいます。
体圧分散ができていれば、からだへかかる負荷をばらすことで、特定の部位への負担を和らげることができます。

 

そのため、寝起きにすっと起き上がることができるようになったりするのですね。

 

人によっては低反発のマットレスよりは単なる硬いマットレスでも、沈みこみがないので腰痛が気にならなくなる可能性はあります。
高反発マットレスは体圧分散ができる設計になっているのかを確認するようにしましょう。

 

腰痛の人が使う高反発マットレス

 

腰痛の人やスポーツ選手などは高反発マットレスを使う人が多かったりします。

 

  • 価格は4万円以上
  • 厚みのあるマットレスや敷布団
  • 体圧分散がしっかりしている設計
  • 強度がありへたりづらい
  • 防菌・防臭・防ダニ

 

起きた時に腰が痛い人だとこういった機能性を考えて作られた高反発もマットレスを使ったりします。
口コミでも買い替え時に駄目元で使い始めたら快適などの良い敷布団もあったりします。

 

あまり機能性とかは考えておらず、とにかく安い高反発マットレスで良いって人であれば、アマゾンや楽天でも様々なのが2000円ぐらいから5000円ぐらいで販売されています。

 

三つ折りや折りたたみはおすすめしない理由

 

腰痛に良い高反発マットレスを探している人であれば、三つ折りや折り畳みタイプのおすすめすることができません。

 

確かに生活をするうえでマットレスは折り畳みができた方が、収納に困らないですし持ち運んだり干したりがしやすいです。
しかし、折りたたみができる部分がへたったり、使っていくうえで上手く体圧分散をできなくなっていきます。

 

そのため、生活するうえで便利ではあるものの、耐久度は落ちてしまいますし、本来の寝心地や機能が低下をしてしまう原因になります。

 

からだの負担がかからないって聞いて高反発のマットレスを使い始める人であれば、多少は劣化をしても気にしないって人は多いかと思います。
しかし、腰痛持ちであったり背中や肩凝りに悩まされている人だと、購入時の寝心地を維持できなければ意味がありません。

 

買い替えを頻繁に行ったりして、出費がかさんでしまう原因にもなります。
腰痛に良い高反発マットレスを探している人は三つ折りや折り畳みできるのを選ばないようにするのをおすすめします。

 

高反発マットレスの比較

 

高反発のマットレスは様々な寝具メーカーより敷布団が販売されています。
知名度のあるメーカーとしては私の知る限りだけでも、下記の9つの会社があります。

 

  • ニトリ
  • 西川
  • モットン
  • マニフレックス
  • エイプマン
  • クイーン
  • アイリスオーヤマ
  • エアウィーヴ
  • 雲のやすらぎ
  • トゥルースリーパー

 

それぞれ価格耐は違いますが、機能性や評判の面でも変わってきます。
口コミや価格帯で比較をしてみると主に下記に当てはまります。

 

腰痛や肩こりなどの人は機能性を求めて3万円から4万円ぐらいの、マットレスや敷布団が評判が良いです。
一方でからだの負担などを考えて高反発に変える人だと、2,000円から4,000円ぐらいの高反発マットレスが評判が良いです。

 

あなたがどういった目的で高反発マットレスを使うかで考えるようにしましょう。

 

腰痛に悩む人におすすめの高反発マットレス

 

腰痛に悩む人におすすめの高反発マットレスであれば「雲のやすらぎ」です。

 

もともと雲のやすらぎとして以前から販売がされていましたが、最近はプレミアムの表記が付いて変わっています。
プレミアム以前だと一部の人は早くへたりがあらわれたなどの悪い口コミもあったのですが、評判は良くなっています。

 

  • 厚さ17cm
  • 新クロスクラウド製法での体圧分散
  • 高反発ウレタン
  • 通気性・防ダニ・防菌
  • 凸凹アルファマット
  • 高反発スプリングマット

 

これらの特徴があり、一般的な敷布団の2.69倍の接触面積で以前の1.28倍になっており、体圧分散が更にできるようになっています。
また、80,000回の繰り返し圧縮試験で厚みの低下率も0.1%と結果が第3社期間で出ています。

 

詳しくは「雲のやすらぎプレミアム口コミ!腰痛の人の雲のやすらぎマットレスの評価」をご覧ください。

 

 

 

 

トップへ戻る