モットンと雲のやすらぎは安い腰痛に良い高反発マットレス

「雲のやすらぎ」と「モットン」

 

腰痛マットレスを探していて比較されることが多いのが「モットン」と「雲のやすらぎプレミアム」です。

 

どちらも高反発マットレスで特徴が似ていることもあるので、どちらを利用すれば良いのか迷ってしまう人も多いはずです。

 

モットンと雲のやすらぎの特徴

  • 腰痛マットレスで人気
  • 高反発マットレス
  • 価格やサイズが同じ(厚さは違う)
  • 返金保証
  • 体圧分散マットレス
  • 8万回の耐久試験

 

他にも腰痛マットレスとして人気があるのは「エアウィーヴ」や「西川エアウィーヴ」などがありますが、高級寝具の部類となるので利用する層は変わってくるのではないかと思います。

 

モットンも雲のやすらぎも腰痛に良いマットレスとして大事な「高反発」「体圧分散」「耐久性」の項目があり、なおかつ最も大切な「返金保証」があることで、万が一自分に合わなくても失敗をしなくて済むようになっています。

 

そのためか、腰痛に良いマットレスを探している人で、高級な寝具を求めている訳ではない人は、どちらかを選ぶことも多いのですね。

 

モットンと雲のやすらぎなら「あなたの体型にどっちが良いか」知りたい方や「比較」や「違い」を知りたい方は、この記事で分かるようになっています。

 

「モットン」と「雲のやすらぎ」の比較

 

モットンと雲のやすらぎを比較した一覧表を作成したのでご覧ください。

 

マットレスの名称 モットン 雲のやすらぎ
反発力 高反発 高反発
高反発の中での硬さ 柔らかめ・硬い・超硬い 柔らかめ
厚さ 10cm 17cm
点で支える素材 なし 凹凸アルファマット
耐久性 8万回の圧縮試験 8万回の圧縮試験
サイズ シングル・セミダブル・ダブル シングル・セミダブル・ダブル
価格 39,800円〜 39,800円〜
返金保証 90日間 100日間
硬さの交換 できる できない

 

どちらも高反発であったりと共通している項目が多いですが、一部の項目で違いがあるのが分かります。

 

比較してみると似ている項目が多いですが、完全に一致をしている訳ではなく、どっちが良いかは体型で選ばないと失敗をします。

 

「モットン」と「雲のやすらぎ」の違い

 

安い腰痛マットレスとして知られる「モットン」と「雲のやすらぎ」の違いは5つあります。

 

  1. 硬さ
  2. 厚さ
  3. 点で支える素材
  4. 返金保証の期間
  5. 硬さの交換

 

モットンは3種類の硬さから選ぶことができ、期間などの一部条件はあるものの、公式サイトからの購入であれば、届いた後でも違う硬さのマットレスを使うこともできます。

 

寝具である敷布団やマットレスは自分に合う目安の硬さを選んだとしても、人によって身長などの体型や背中の反り具合などは違うので、必ずしも体重で一致をする訳ではなく使ってみなければ分かりません。

 

そのため、腰痛マットレスを探している人からすると失敗がしづらく、得に標準から太り気味の人に合いやすい140Nと170Nがあるので、安心して利用ができます。

 

ただ、雲のやすらぎは極厚であり、中に使われている素材も点で支える凹凸マットが使用されています。

 

モットンと雲のやすらぎではどちらも「自分に合わないなら返品」できる「返品保証の期間」に違いがありますが、90日間と100日間で約3ヶ月以上あるので、そこまで気になることはないはずです。

 

だいたい1ヶ月も使用すれば慣れてくるので、自分に合うかの判断ができるはずです。

 

マットレスの素材だけ見ると優れてるのは?

 

マットレスの素材だけを見ると優れているのは「雲のやすらぎ」と言えるでしょう。

 

  • 厚みが7cm多い
  • 凹凸アルファマット(点で支える)
  • 季節に合わせた素材「ロレーヌダウン・マイティトップU」

 

羊毛のロレーヌダウンは「湿気を取り除く吸湿性」を持ち、「弾力性に優れている」ので冬や秋の寒い時期に向いています。

 

マイティトップUは「防ダニ・防菌・防臭」の中綿で「熱をこもらせない」ので、夏や季節の変わり目の暑い時期に向いています。

 

モットンと比較して雲のやすらぎはこれらの違いがあるにも関わらず、金額は同じとなっているので素材だけ見れば、後者が優れていると言えるのではないでしょうか?

 

但し、どっちのマットレスが良いかの判断は「素材の種類」や「品質」や「密度」などにも変わるので、必ずしも雲のやすいらぎの方が良いマットレスと言える訳ではありません。

 

あくまで公表されている部分から見える素材のみでの判断となり、どっちが良いかは体型で選ばないと失敗をします。

 

モットンと雲のやすらぎの選び方

 

モットンと雲のやすらぎの選び方は下記を参考にしてください。

 

  • 自分の体型
  • 自分の体重

 

どんな体型や体重であれば、どちらを選んだ方が良いかの目安を解説していきます。

 

自分の体型に合うのを選ぶ

 

マットレスや敷布団は最初に自分の体型に合うのを選ぶ必要があります。

 

  • 痩せてる
  • 標準
  • 太ってる

 

どちらも高反発のマットレスでもあるので、痩せてる人だとモットンも雲のやすらぎよりも、低反発から普通ぐらいの硬さの方が合う可能性があります。

 

但し、腰痛に悩まされている人だと少し硬めを選んだ方が失敗をしづらいので、普通ぐらいの硬さまたは雲のやすらぎがおすすめできます。

 

痩せ気味から標準ぐらいの体型であれば、高反発マットレスの中では柔らかめで、点で支える素材なども使われている雲のやすらぎを選んだ方が良いでしょう。

 

標準ぐらいから太ってる体型の人はモットンの3種類の硬さから自分に合うのを選ぶのをおすすめします。

 

自分の体重で硬さを選ぶ

 

モットンと雲のやすらぎでは硬さが違うので自分に体重に合うのを選ぶようにしましょう。

 

全ての人に当てはまる指標はありませんが、個人的な目安としては下記を参考にして頂ければと思います。

 

「体重別に選ぶ寝具の選び方の目安」

  • 40kg〜45kg:低反発・標準のその他の寝具
  • 45kg〜50kg:雲のやすらぎプレミアム
  • 50kg〜60kg:雲のやすらぎ・モットン140N
  • 60kg〜80kg:モットン170N
  • 80kg以上:モットン270N

 

雲のやすらぎとモットンの選び方は上記の体重を参考に選ぶようにしましょう。

 

体重が50kg〜60kgぐらいの人は悩んだのなら、個人的には硬さの変更ができる「モットン」がおすすめですが、ふんわりした寝心地が好きな人は「雲のやすらぎ」をおすすめします。

 

ただ、硬さの交換だけでなく返金保証もあるので、「雲のやすらぎ」が気になってる方は、もしも自分に合わない時の最終手段と考えれば、失敗をすることがないはずです。

 

モットンと雲のやすらぎのどっちが良い?

 

モットンと雲のやすらぎのどっちが良いか気になる方も多いかと思います。

 

この答は「自分の体型と体重に合いそうな方を選んだ方が良い」です。

 

体型や体重によって「モットン」と「雲のやすらぎ」のどっちが自分に合うかは変わるので、全ての人に当てはまることはどんな寝具でもないのですね。

 

自分に合うマットレスを選ぶと良い

 

自分に合うマットレスを選んだ方が良い理由としては、楽に寝れるから寝具の硬さが大事だからです。

 

例えばモットンと雲のやすらぎよりも価格が上がり、腰痛に良いマットレスとして知られる高級寝具はいくつかあります。

 

  • エアウィーヴ
  • 西川エアー
  • コアラマットレス

 

それぞれ硬さや特徴も変わるので、価格や素材だけで判断をすることはできなく、人によって自分に合うのは変わります。

 

楽な寝姿勢とは反っている腰が寝具に接地するぐらいにお尻が沈んでくれるぐらいと言われています。

 

ようするに寝具の硬さと自分の体重や体型により寝姿勢は変わるので、「自分に合うマットレスを選ぶと良い」のですね。

 

その上で腰痛に良いマットレスを探している人は体圧分散が高い設計で、腰付近に負担が集中しないようになっているのを選ぶと良いのですね。

 

まとめ

 

モットンと雲のやすらぎは安い腰痛マットレスとして比較されることが多いです。

 

どちらも高反発マットレスであることは共通をしていますが、厚さや素材や硬さなど色々と違いがあるのですね。

 

どっちが良いかは寝る人の体重や体型にもより変わるので、必ずしも全ての人に当てはまることはありません。

 

そのため、モットンと雲のやすらぎの選び方は自分の体型に合う方から判断をするようにしましょう。

 

マットレスや敷布団は素材でどちらが良質なのかを判断をすることができても、自分に合うのは選ぶことはできません。

 

だからこそ、どんな寝具でも腰痛が悪化したなどの悪い口コミは必ずあり、評判だけでは判断をすることができないのですね。

 

腰痛マットレスの選び方や失敗しない方法については「失敗しない起床後の腰痛のマットレスの選び方」で詳しく解説しているのでご覧ください。

トップへ戻る