低反発マットレスの寝心地や腰痛に良いのか

 

寝心地が良いことで知られるのが低反発マットレスです。

 

初めて使い始めたらぐっすりと熟睡できるなど口コミで評判の良いのも多かったりします。
しかし、一方で腰痛や肩こりに悩まされてる人だと安易に新しいマットレスを使うと痛めてしまう原因にもなります。

 

あなたが寝具に求めていることによって、低反発と高反発とどちらが良いのかは変わってきます。

 

  • 低反発マットレスは寝心地が良いの?
  • 腰痛や肩こりには低反発と高反発のどっち?
  • おすすめの低反発マットレスを知りたい

 

など、この記事では低反発マットレスを購入前に気になることが全て分かるようになっています。
実際に使い始めるとどんな効果があるのか分かるようになってるので、あなたにあったマットレスを口コミに騙されずに選ぶことができるようになるはずです。

 

低反発マットレスや敷布団は寝心地が良い

 

低反発マットレスは一般的に寝心地が良いことで知られています。

 

低反発マットレスや敷布団の特徴としては、からだを生地が包み込んでくれることにあります。
そのため、安心してリラックスがしやすいですし、ふかふかで気持ちが良いと感じることにあります。

 

仰向けで寝ればからだが沈みこむので、布団にくるまれているかのような状態で、弾力があり気持ちいいと感じるはずです。
横向けで寝れば肩などが硬くて痛いと感じることがないはずです。

 

寝心地が抜群なのが低反発マットレスなのですね。
但し、この後紹介をするようにからだが沈みこむことはメリットでもあり、デメリットにも変わってきます。

 

ホテルのふかふかの寝具も低反発マットレス

 

ホテルへ行くとふかふかのベッドと感じることが多いはずです。

 

高級なホテルになると低反発マットレスが多く使われていたりします。
一方で安いホテルへ行くと硬いと感じることもあるはずです。

 

これらは高反発な訳ではなく、単に体圧分散などができていない、マットレスであることもあります。
低反発だからよくて高反発だと悪いって訳ではないのですね。

 

慣れた自宅のベッドではないのでリラックスして寝れない効果などはありますが、気持ちいいとは感じるはずです。

 

低反発マットレスは腰痛の人が使うと良い?

 

起床時の腰痛に悩まされている人だと低反発のマットレスを使うと良いのか調べることもあるはずです。
また、高反発と低反発のどちらが良いのか知りたいって人もいるはずです。

 

低反発のマットレスや敷布団は腰痛の人にはおすすめすることができないです。
ふかふかで寝心地が良いのが特徴ではあるものの、寝ているからだへの特定の部位への負荷がかかりやすく、あまりおすすめすることができない種類でもあります。

 

布団に寝るとからだの中でもお尻の辺りが沈み込んでしまいます。
そのため、寝た時の姿勢がゆるやかなV字の姿勢となり、腰への負荷が高くなってしまうのですね。

 

腰だけでなくからだへの負担が大きいのが低反発のマットレスなのですね。
沈みこむことでからだが包みこまれるので寝心地は良く感じるものの、腰痛の人は低反発は選ばないようにしましょう。

 

低反発マットレスは寝返りが少ないので腰痛が悪化する

 

寝ている時に寝返りを自然と打ったりします。
これはからだへの負荷が関係をしています。

 

仰向けでも横向きでも長時間の間、その姿勢で寝ていることで特定の部位に負荷がかかってしまいます。
そのため、寝返りを行い負荷がかかる部分を分散させたりするので、負担を少なくします。

 

しかし、低反発マットレスはからだが沈みこんでしまっているので寝返りが打ちづらくなってしまいます。
低反発マットレスだと寝返りの回数が少なくなったりしなくなってしまう傾向にあります。

 

低反発マットレスだとV時で腰への負担が大きい状態が寝返りを打てずに長時間続いてしまうことになるのですね。
そのため、低反発マットレスだと寝返りが打てないので腰痛が悪化をする原因になります。

 

寝返りが打てないと腰痛になる!マットレスの反発具合で寝返りの回数を増やす

 

腰痛に良いのは低反発でなく高反発な理由

 

低反発のマットレスは寝心地が良いのが特徴です。
高反発のマットレスは沈みこみをなくすことで腰回りの負荷を軽減させることができます。

 

そのため、腰痛の人が選ぶと良いのが高反発のマットレスです。

 

高反発の特徴としては下記の2点です。

 

  1. 寝返りを打ちやすく回数が増える
  2. 腰や肩などのからだへの負担を少なくする

 

但し、勘違いをしてはいけないのが沈みこむを抑えれば良いのなら、敷布団なしであったり硬いのに寝れば良いと思ってしまうことです。
大事なのは硬さではなく体圧分散をして、特定の部位への負荷を抑えられているかです。

 

そのため、腰痛に悩まされてる人に人気がある高反発のマットレスは、コイルなどによって反発をし体圧分散が考えて設計がされています。

 

高反発の寝具については「高反発マットレスの選び方や比較!肩凝りや腰痛に人気の高反発マットレス」をご覧ください。

 

体重が重たい人は低反発に注意

 

低反発マットレスをこれから始めて利用をする人で注意をして欲しいのが体重が重たい人です。

 

太っていたり、少し太めであったりすることで、余計に沈み込みがひどくなります。
そのため、寝ている間にV字のような姿勢になり、腰への負荷が非常に高くなってしまいます。

 

もともと起床時の腰痛に悩まされてるから高反発を検討する人が多いです。
低反発であれば寝心地ですが、同じようにからだの不調に悩まされる可能性があります。

 

できるだけ体重が重たい人は低反発マットレスでもある程度の硬さのを選んだりするのをおすすめします。

 

低反発マットレスがおすすめの人

 

低反発マットレスがおすすめの人としては下記に当てはまる人です。

 

  • 寝心地が良い敷布団を探してる
  • ホテルのふかふかなマットレスだと熟睡できる

 

あなたがこのどちらかに当てはまるのであれば、低反発のマットレスを使い始めることで満足をすることができるはずです。

 

寝心地を求めている人に低反発がおすすめ

 

寝つきが悪くて悩まされていたり、布団が硬いと寝れない人であれば、低反発マットレスはおすすめです。

 

  • 沈みこんでからだを包みこむ
  • 反発が弱いのでやわらかく感じる

 

但し、体重のかるいのか重たいのかによって、反発具合は気にするようにするようにしましょう。
いくら沈みこんで包まれると言っても、極端にからだに悪い姿勢を長時間維持するのは、誰しもが腰痛などに悩まされることになります。

 

適度な姿勢ができるように低反発のマットレスを選ぶ人は体重が重いのか軽いのかで、適切な硬さや厚さのを選ぶのをおすすめします。

 

おすすめできないのは腰痛の人

 

低反発マットレスが絶対におすすめできないのが腰痛の人です。

 

ここまで読んで頂ければ理解ができていると思いますが、朝起き上がるのがつらいと感じるようになるかもしれません。
それどころか継続していくことでからだを痛めてしまうことにもなりかねないです。

 

腰痛の人が低反発を使うのは基本的にはおすすめできないです。
高反発は初めて使う始めると硬いと感じたり、寝心地が悪く感じたりするので、からだに合っていないと勘違いをしやすいです。

 

慣れるまでに1週間や1ヶ月と時間がかかってしまったりします。
高反発は寝心地が悪いから低反発に変えるって人は短期間しか使っていなかったり、お店でちょっと寝転がるだけで選ぼうとしている人は気お付けてください。

 

低反発マットレスの折りたたみ三つ折りは便利

 

低反発のマットレスでも一般的なのと同じように折りたたみタイプや三つ折りのもあったりします。

 

また、サイズもシングル・ダブル・クイーンと同じ敷布団やマットレスが販売されているのがほとんどです。
折りたたみができたり、三つ折りができると収納がしやすく、干したりもしやすいので便利だったりします。

 

  • ニトリ
  • 西川
  • マニフレックス
  • トゥルースリーパー

 

これらのブランドも各サイズなど選ぶことができるようになっています。
但し、デメリットもあるのでその辺りも考えて使うようにしましょう。

 

低反発マットレスの折りたたみは寿命が短くなる

 

低反発マットレスだけでなく折りたたみができるのは寿命が短くなりやすいデメリットがあります。

 

折りたたむを繰り返している部分がへたりやすくなってきます。
大きさなどにもよりますが、沈み込みやすい肩やお尻の辺りが折り目となることが多いです。

 

そのため、使っていくうえで寿命が早くなり劣化がしやすいだけではなく、からだを痛めやすくもなってきます。

 

折り畳みのマットレスや敷布団を使う時は起床時の調子が悪いと感じたり、へたりはじめたら新しく購入をするのを検討するのをおすすめします。
人が熟睡している時間は人生の中でも約3分の1をしめます。

 

そのため、折り畳みタイプは便利ですがからだへ負担のかからないマットレスや敷布団で寝れるようにしましょう。

 

マットレスの選び方やどんなのを使えば良いか知りたいって人は「初めて腰痛マットレス:失敗しない起床後の腰痛のマットレスの選び方」をご覧ください。

トップへ戻る